admin

ねこにう(まみむめも)

愛らしい6匹の猫たちのライブカメラとキャットタワーなどのDIY



■ 8台のLiveCameraがあります。下の画像(サムネイル)ににゃんこがいたらクリックしてみてね♪(neko.nuサイトへJump!) ■

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


 TOP > .趣味の お魚釣り > title - カヤックフィッシングの準備 その1(便利な道具を作る 海図・映像録画)

≫ EDIT

カヤックフィッシングの準備 その1(便利な道具を作る 海図・映像録画)

昨年(2016年)からカヤックフィッシングを始めたんです。

ホットカーペットで背中が暖かいピート君


より自由にいろんな魚を釣りたいという考えから。。。
自由=自分でなんでもやらなくちゃ。
魚のいる場所を的確にポイントしないと魚は釣れません。
最近はスマホでいろいろとできることはわかっているんですが、水没
したりコストも高いし、操作も面倒です。
やりたいことをするのに揺れるカヤックの上でスマホを見つめていたら
間違いなく船酔いモードです。
実用性が高いシンプルなものを自作することにしました。
以下は検討した内容です。


1.ディスプレイの部

アタチは負けないむーちゃん


ディスプレイはE-Ink。太陽光の下でも視認性が高く、消費電力が
小さいのでグッド。でもE-Inkディスプレイだけを購入したり細かい配線
をしたりはしたくありません。
幸い、アマゾンのKindle(キンドル)がE-Inkを採用しています。
ここにいろいろとアプリを導入することも調べてみましたが、そんなに
プログラム開発に時間もかけていられないこと、GPSレシーバー機能も
入っていないし、USBメモリも外付けするのは難しそうです。

キンドルにはWifi接続機能があるのと、試験的(Experimental)なWEB
ブラウザが組み込まれています。
GPSと地図情報を保持したサーバを準備すれば、ディスプレイ部分
としてワイヤレスで手元に表示させておくことができそうです。

我が家のadmin君がプレミアムアカウントを持っていたので、格安
8000円台でKindleをゲット。(PaperWhiteではありません)

海にでている間はずっと海図を表示し続けることになるので、触らない
間にスクリーンセーバーが働かないように、KindleをJailBreakして
スクリーンセーバーを禁止できるようにしておきます。
もちろん防水ではないので、防水バッグも作っておきます。

2.地図サーバ、GPS、ロガー

ひまでだらけたマー君


これまでにも使い慣れている、ラズベリーパイを使ってこの部分を
作成することにしました。
最新のラズベリーパイ3が大幅に高性能になっているのと、Wifi機能が
実装済みなのでこれをゲット。

Raspbianという標準のOSを最小限のパッケージでインストールします。
デスクトップ機能はもちろん使いません。

地図サーバはWEBサーバ形式で提供します。 サーバソフトそのものは
使い慣れているApache、PHPを使いますが、地図サーバ部分は
Openlayersを利用します。
OpenStreetMapというオープンソースの地図データを使う地域分
ダウンロードして、このサーバの中に保存します。

インターネットにある、荒崎付近の釣りポイント図も地図に重ねて表示
できるようにします。釣りをしているときにはもっぱら自分の位置が
海図上のどこにいるのかがわかれば良いように思うので、GPSで
測定した現在地を地図の中心に据えて表示することにしました。

1秒ごとにGPSのデータに基づき、地図の表示場所を更新するよう
にします。GPSデータは、秋月電子で売っているGPS受信式を使います。
ラズベリーパイ3に直結できるので配線するだけで簡単です。

GPS受信機はラズベリーパイのシリアルポートに直結。デフォルト状態
で使うようにしています。
gpsdという大変便利なgpsデータ処理サーバソフトがあるのでこれを
使ってGPSデータを受信しておきます。

* 地図表示の現在地確認

* GPSロガーのデータ保存

* NTPによりOSの時刻データを同期


この3つの非同期プロセスを処理するにはgpsdが一番良いだろうと
考えました。

3.映像撮影と保存



もともとあまりこの機能を盛り込むことは考えていなかったのですが、
ラズベリーパイ3で高性能になったので組み込むことにしました。

装置にスイッチをつけて、魚が釣れたときのGPSデータや魚種を記録
しておくことはとても重要ですが、操作が面倒です。
それなら釣っている人と魚種が分かりそうな程度の解像度と画角で
1日分まるごと録画してしまえば、家に帰ってから正確に場所と魚種、
釣れた時刻がわかることになり、反省の材料になります。

カメラは使い慣れているUSBカメラを利用します。

LogitechC920を以前は使っていましたが画角の広いC930eを入手。

これが間違いのもとで、なかなか計画通りに高画質録画ができません。
(苦労談は別途)
カメラは座席の後ろのフラグ用のマストの途中に取り付けて、タンデムの
釣座を眺めるように撮影するつもりです。

以下はその概要を示す図です。







            よかったらポチッとお願いします。



  

にほんブログ村 猫ブログへ


関連記事

| .趣味の お魚釣り | 11:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekonu.blog.fc2.com/tb.php/3-57fd2302

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT