admin

ねこにう(まみむめも)

愛らしい6匹の猫たちのライブカメラとキャットタワーなどのDIY



■ 8台のLiveCameraがあります。下の画像(サムネイル)ににゃんこがいたらクリックしてみてね♪(neko.nuサイトへJump!) ■

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


 TOP > シリーズもの ねこのあるある > title - ねこへの危険物

≫ EDIT

ねこへの危険物

あるあるトップバナー


兄です。

にゃんこを飼っていると、これ食べさせても平気なのかな?と疑問に
思う食べ物や植物などが多々あります。

今回は、ねこに限らず動物が摂取すると危険なものについて
子猫のへや」様から抜粋して引用させていただきます。
更に詳しくていねいな説明が子猫の部屋様にございますので、
興味があればご一読ください。


引用元:子猫の部屋様  引用させていただきました。ありがとうございます。

チョコレート・ココア

症状は軽度の血圧上昇、心拍数と呼吸数の増加、不整脈、興奮、痙攣、尿失禁、昏睡、死亡などです。誤食してから時間が経っていない場合は吐かせ、時間が経った場合は胃洗浄などが行われます。


キシリトール

猫における症例報告はありませんが、少なくとも体にとって必要な成分ではありませんので遠ざけるに越したことはないでしょう。


たまねぎ・長ネギ・ニラ

ねぎ類に含まれるアリルプロピルジスルファイドという物質が赤血球(せっけっきゅう=血液中に含まれ、酸素を運ぶ役割を担う)を破壊し溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)の原因になります。すき焼き残り汁、ねぎのかけらが入った味噌汁やらっきょうなども厳禁です。しょうが・あさつき・ニンニクなどにも含まれます。

※肉をねぎで煮出したものをゴールデンレトリバーにあげたところ、
死亡してしまったという症例もあるようです。

人間用サプリメント&薬の誤飲

人間用のサプリメントは人間の体のサイズを基本に計算されています。水溶性ビタミンはおしっことして対外に排出されますが、脂溶性ビタミン(A,D,E)は体内に蓄積され、各種の過剰症を引き起こします。サプリメントは必ず猫用を与えてください。

※人用の薬はやはり人の体重に合わせて作られています。
誤飲した場合はその薬とねこを連れて、獣医さんに説明しましょう。

エビ・カニ・貝類・イカ・タコ

あまり消化がよくないので基本的には与えないほうがよいでしょう。生の二枚貝やイカに大量に含まれるチアミナーゼはビタミンB1を破壊して欠乏症を招き、腰が抜ける原因になることがあります。またアワビの内臓(中腸腺)を大量に摂取すると、日光性の皮膚炎を発症して最悪のケースでは耳が落ちてしまうこともあります。「イカを食べると腰が抜ける」とか「アワビを食べると耳が落ちる」といった都市伝説はあながちデタラメではありません。

※うちのマー帝王はイカの干物が大好きで困ってます。
いもうとがもうちょいうまく隠してくれればいいのですが…

ハム・ソーセージ・珍味・ちくわ

塩分(NaCl)の摂取量が少なすぎると腎臓の負担が増えて慢性腎不全を悪化させてしまう危険性がありますが、逆に上限を超えると人医学の分野で確認されているような各種の疾患(高血圧・腎臓病・心臓病etc)を引き起こしてしまう可能性を否定できません。猫のナトリウム(Na)摂取許容量は下限が「0.5mg/kcal」で上限が「3.1mg/kcal」と推定されていますので、練り物を与える際はこの限度を超えないよう注意します。


食塩・塩水

かつては誤飲や誤食したときの嘔吐剤として「食塩水を飲ませる」という方法が用いられていました。しかしこの方法は逆に急性食塩中毒を引き起こす危険性があるため、現在では推奨されていません。最新の応急処置に関しては猫の誤飲誤食で解説してありますのでご参照下さい。なお日本ではマイナーですが、食塩を大量に含んだ「塩生地飾り」(クリスマスツリーなどに飾り付けるパンの一種)を食べて食塩中毒に陥る事例が海外では見られます。


ケーキ・クッキーなど

人間用のスイーツは糖分や脂質が多すぎです。猫では極めてまれですが、ショ糖を含むので虫歯の原因になる可能性も否定できません。猫はそもそも甘みをほとんど~まったく感じることができませんので、栄養源として甘いものを与えることはやめておきましょう。


アルコール

人間と猫の体の大きさは違いますので、人間にとっては許容量のアルコールでも猫にとっては有害になります。面白半分で与えるのはやめましょう。ラム酒を含んだフルーツケーキのほか、焼く前のドーナツ(パン)生地も危険です。

牛乳

人間用の牛乳は脂肪分が高いためカロリーが高く、また牛乳中に含まれる乳糖(にゅうとう/ラクトース)を分解する酵素(ラクターゼ)を持たない猫もいますので下痢を起こしやすくなります。ラクトースの分解は体重1kg当たり1.3gが限界で、それ以上になるとおならの原因にもなるため、与えるなら猫用ミルクにしましょう。

※好んで飲む子、飲まない子がいますが、2日は置くかせいぜい
あげても小皿に小皿の模様が見える程度に留めましょう。

刺激物

唐辛子、カレー、こしょうなどの香辛料は内臓に悪く下痢や消化不良を引き起こす危険があるため、与えないようにしましょう。


大量のレバー

レバーにはビタミンAやB群が豊富に含まれていますが、脂溶性であるビタミンAには過剰症がありますので、常軌を逸した量を与えてはいけません。


アボカド

果実、種、葉などには「ペルシン」という物質が含まれており、人以外の動物に与えると中毒症状を示します。


アンズ・ウメ

未成熟な種子や果実の中の「アミグダリン」という成分が体調不良を招きます。また小型猫がのどに詰まらせることもあります。


ジャガイモの芽

芽に含まれる「ソラニン」等の成分が体調不良を招きます。大量摂取による人間の死亡例もあります。


モモ・スモモ

未成熟の果実、種子の中身を誤食すると呼吸困難、虚脱、ケイレンをきたすことがあります。


サトイモ

茎や球茎にシュウ酸カルシウムの結晶が含まれているため、誤食すると口内炎、舌炎、よだれ、皮膚炎などを招きます


トマト

果実よりも、芽や葉を誤食すると、嘔吐、腹部の痛み、血便、下痢、めまい、口内の乾燥、呼吸困難などをひきおこすことがあります。


ナス

身よりも芽や葉を誤食すると嘔吐、腹部の痛み、血便、下痢、めまい、口内の乾燥、呼吸困難などをひきおこすことがあります。


カビの生えたもの



引用元:子猫の部屋

ほかにも、兄が聞いた話では、ユリ科の花の花粉(微量)でショック死、
などということも聞きました。
※ちょっと調べたところ、身近で手に入る主なユリ科はイヌサフラン、
オニユリ、チューリップ、ユリ、ヤマユリなど
全部羅列すると、記事がすごいことになるので、引用に留めさせて
いただきます。

引用元:https://nekochan.jp/cat/article/325

少しでも事故が少なくなることを祈って・・・・。





関連記事

| シリーズもの ねこのあるある | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekonu.blog.fc2.com/tb.php/1257-6608102c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT