admin

ねこにう(まみむめも)

愛らしい6匹の猫たちのライブカメラとキャットタワーなどのDIY



■ 8台のLiveCameraがあります。下の画像(サムネイル)ににゃんこがいたらクリックしてみてね♪(neko.nuサイトへJump!) ■


 TOP > CATEGORY - シリーズもの ねこのあるある

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ねこたちの不思議な習性・ご飯編。

簡単に自己紹介します。
ねこイマス(neko.nu)では初期の頃、ちょっとブログを書いていたadmin
(もともとのねこ飼いたい発案は僕の考えのため)改、兄です。

さて、兄である僕がねこを見ていると不思議な行動をとることに気づきました。

ご飯の時間、ないしご飯がほしいと言ってくるねこのためにご飯箱を開けてあげるのですが、だいたい多くても7口ほどでふいっといなくなってしまいます。
時間があるときはすぐ片付けてその不思議な行動を見られないのですが…

時間がなくてご飯箱を放置していると、意外とねこたちはきません。
しかしながらしまい始めようとしたとたんに、わらわらっと食べたーいとくるのです。しかもそのときはしばらく食べてます。

そんな不思議な行動の紹介でした。 

追記:2018/06/06 13:57
ねこの子達の食事風景を追加いたしました。

よろしくご覧くださいませ。

≫ 続きをどうぞ

| シリーズもの ねこのあるある | 13:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ねこのあるある、これをしたら仲良くなれた。

aruaru_image.jpg
※2018/6/13記事のトップ画像を追加しました。

兄です。

猫の習性として、見つめられると真剣に見つめ返してくれます。
これは、自分が狩りの獲物として見られていないか、恐怖を感じているからだという説を聞いたことがあります。



そのため、ねことの緊張緩和のために、ねこをにらめっこしかけたら、ゆっくりとまばたきして
相手が視線を反らすことができるようにしあげるとよいです。

そこで興味があるようなら足元に残ってくれます。
そのときは、1本指を軽くリラックスしたような状態の形でねこの鼻元に、ゆっくりと指を近づけてあげましょう。
これで相手がこちらに興味があるなら、匂いを嗅いですり寄ってきたり、無関心にそのあたりでリラックスしはじめるでしょう。

そのときはなでたりすることができるはずですが、ねこによって閾値が違うので、その子にあったなで方、可愛代わり方をしてあげましょう。

万が一そういう反応ではなく、シャーっと威嚇だったりした場合は怪我の恐れがあるので、ゆっくりねこから離れてあげましょう。
虫の居所が悪かったのだと思います。




ポチッとして頂けたらうれしいです。


多頭飼いランキング


にほんブログ村





| シリーズもの ねこのあるある | 07:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ねこのあるある なんでだろう?

aruaru_image.jpg
※2018/6/13記事のトップ画像を追加しました。

兄です。

ねこのあるある。
うちのねこに限ってなのかもしれませんが、まーくんはお腹がすいたとき、外にでたいときに僕の椅子の肘掛け、
それか僕の腕に手をなでつけてきます。

手になでつけてくれたときは、まーくんは爪を出さないでくれるので非常に気持がよいのです。
ですが、そのあとなでてほしいのだろう、と手を伸ばしてもちょうど手が届かない位置まで行きそこからこちらを見上げるのです。

むーちゃんもおなかがすいたとき、こちらに向かってむーむー話かけてきますが、それでも忙しくて面倒を見てあげられないでいると爪が出た手で肩口のあたりをひっかきにきます。
大変痛いです…

その後、なでさせてくれるのですがやはり少し離れた位置までいってしまうことがしばしばです。

やはり立ち上がることを期待しているのでしょうか?謎です。

| シリーズもの ねこのあるある | 13:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ねこのあるある 仲良しさんの証。

aruaru_image.jpg
※2018/6/13記事のトップ画像を追加しました。

兄です。

ねこ達はお気に入りの人物には初対面でも、顔としっぽをこすりつけにいきます。
これがされているということは、君とは仲良しだよ、仲良しになろうねという証です。

IMGP2014.jpg

もちろんされたからといって過剰になでまわしたり、だっこさせろと追っかけたりはNGです。
ねこたちの性格にもよるものなので、そこを把握した上で親愛の挨拶を受け取りましょう。


 例:1 行きたい場所に向かっていく最中に猫が側面につき、足に身体の側面をぶつけてしっぽを絡めてくる。

 例:2  なにかあって突っ立っているとねこが近寄ってきてすりすりっとしたあとしっぽを絡めてくる。

 番外編: 一緒に歩きながら足にすりすり。例えば右側からだとして、しっぽを絡めてくるのですが、さらに進むと左側に移動してすりすり、しっぽをからめて…といったことをループでしてくれる子もいます。

 番外編2: 椅子に座って足を踏ん張っていたり貧乏ゆすり(いつもすみません、これからは見えなくなりますが)をしていると、頭でごん、と軽く押していく子。


番外編はうちの子だとむーちゃんがしてくれます。その際に握りこぶしを進行方向に置くと、頭突きをして繰り返しているとしっぽが太くなります。

番外編2はピート君がします。椅子の脚に足を置いてるのでたまに滑るくらいの勢いでごん、としてくれます。

IMGP2021-2.jpg

仲良しだね、仲良しになろうサインですが、おなかが空いているときも行うことがあります。
甘えてくれて嬉しい、なんて思ってたらご飯くれだった、なんてことも(汗

今回は以上です。

| シリーズもの ねこのあるある | 09:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実はこういう説があるんです。

aruaru_image.jpg

兄です。

ねこって鳴く子、鳴かない子様々ですが、日本では「にゃーん」と称される
鳴き方、実はあれは人に対しての鳴き方だそうです。

例えば、ねこが獲物を狙ってるときは「クケケケ」「クカカカカ」
「ケッケッケッ」などの鳴き声。

ねこ同士の挨拶はおしりの穴付近にある匂い線を嗅ぐこと、身体を
なめ合う。鼻と鼻をツンとする特別な挨拶。

盛り場のときは、英語でいう「Meow」、メァーォゥ、みたいな鳴き声。

ねこ同士の喧嘩は「シャー」という威嚇だったり、「マーォゥ」という
掛け合いのように鳴いて最後「フギャー!」

ほかは無言でいることが多いんです。

人に対してはご飯くれ「にゃーん」、構ってほしい「にゃーん」、
そばにいると嬉しい喉を鳴らす「ゴロゴロ」
喉を鳴らすゴロゴロにも諸説ありまして、嫌なことがあったとき
自分を慰めたり、恐怖を感じたとき自分を癒すためにする、とも
言われます。

いかがでしたでしょうか。

| シリーズもの ねこのあるある | 13:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT